Arrow

製造鋸刃
やナイフ

製造鋸刃やナイフ

セグメントおよび摩擦鋸刃

金属切断用摩擦鋸刃

摩擦鋸刃は、低い作業温度、つまり、最大250°Cまでの材料温度による、鋼管およびプロ ファイルの切断用に使用されます。それらは、(DIN 1.2235)とマークされたクロムバナジウム鋼製で、高い円周切断速度で素材を切断するのに適した粘度および硬度の最適な割合に到達するように熱処理さ れています。この切断原理は、特殊な種類の刃によって引き起こされる切断箇所の素材の溶解にあります。GSP- High Tech Saws s.r.o.は、ホローグラウンドのテーパ(先細りの勾配)を有するこれらの工具を製造することができます。フランジ径、刃数、中央の穴径、厚さ、駆動穴 数および直径の選択が可能です。以下の表で、最大直径1000 mmまでの標準直径の調査があります。他の寸法は、ご要求に応じて製造することが可能です。最大直径は、2500 mm です。

 

摩擦鋸

高品質の特別な鋼製で、最新の技術的発見に従って硬化されています。これは特別な刃を研磨し、また、現代の精密研削機械における、両サイドのホローグラウ ンドです。Wolferal刃はすべて、硬度、サイド実行および同心性について一つ一つ検査されています。それらは、80-125 m/sという推奨される周辺の切削速度における、高速機械のすべてに取り付けることができます。鉄および鋼の切断に対する理想的な速度は、125 m/sです。アルミニウムや他の非鉄金属については、特別な設計をご利用いただけます。

 

C.V.A.品質

軽い切削および断続切削に推奨されます。
直径700 mm以上の刃に推奨されます。

 

70WM品質

継続的な製造に推奨されます。
特に、チューブやプロファイルの切削でのフライングソー上での使用に推奨されます。

 

ショートビデオプレゼンテーション セグメントおよび摩擦鋸刃

 

効率についてのいくつかの例:

最小切削速度80 m/sec。
最低 5 hp, 刃 520 mm Ø x 3 mmのモーター。
最大80 x 80 x 8mmのL型鉄棒(角度鉄)。
厚さ最大80 Ø x 4mmのチューブ。
最大16mm構造高の通常セクション(プロファイル)。
最大20mm Øの個体材料。
最大厚さ6 mmのシート。
推奨される刃厚:4mm。

12から15 hp、刃 560 mm Ø x 4 mmのモーター。
最大150 x 150 x 12mmのL型鉄棒(角度鉄)。
最大150mm Øのチューブ。
最大40mm Øの個体材料。
最大32mm構造高の通常セクション。
最大厚さ15 mmのシート。

 

効率についてのいくつかの例:

最大直径2000mm

試用および証明済みの特別な合金鋼のさまざまな 強度::

– 最大1100 N/mm2の自然な硬度
– 最大RC 48の焼き戻し
- 黒ロール
- テーパグラウンド
- 円錐形グラウンド
- ホローグラウンド

研磨された刃で真っ直ぐにされ、引き延ばされています.

刃型の例:

弊社は全範囲の厚さをご提供し、常に喜んで、 特定の用途についてのアドバイスをご提供いたします。

 

TUBE 2022 - Düsseldorf

もっと
\

新技術への投資2021

近年、私たちは新しい技術に多大なリソースを投資してきました。 これにより、生産の質と量の両方が向上します。
もっと
\

極薄ラジアスカッターの製造

このプロジェクトの目的は、非常に薄い半径のフライスの革新的な生産を紹介することです。
もっと
\

鋸刃ギアリングの新しい鋭利化能力

プロジェクトの目的は、鋸刃の歯のための新しい鋭利化能力を構築することです。
もっと
\

フェア

EMO HANNOVER 2019
もっと
\
© 2021 GSP - High Tech Saws, s.r.o.
私たちはクッキーを使用しており、そのおかげでより良いサービスを提供することができます。 当社のサービスを利用することにより、あなたはそれらの利用に同意するものとします。 Cookie agreement わかりました